矯正歯科

※現在準備中

ご予約・お問い合わせはこちら

06-6955-9225

9:30~13:00 / 14:00~18:00
休診日 木曜・日曜・祝日

Web診療予約

キッズルームあり 保育士在籍

×メニューを閉じる

がもよん大人こども歯科の矯正治療

矯正治療で美しく健康的な歯並びへ

出っ歯や乱ぐい歯など、歯並びの異常を抱えていらっしゃる方は、見た目の問題だけに意識がとらわれてしまう傾向にあります。そのため、見た目だけ我慢すれば問題ないように思えますが、それは必ずしも正しいことではありません。なぜなら、歯並びの乱れはお口や全身の健康に、さまざまな悪影響を及ぼすことがあるからです。

矯正治療で美しく健康的な歯並びへ

そこで当院では、乱れた歯並びである「不正咬合(ふせいこうごう)」を抱えていらっしゃる方に、審美面だけでなく機能面も重視した、最善といえる矯正治療をご提案します。その結果、健康的で美しい歯並びを手に入れることができます。

歯並びの乱れによる悪影響

歯並びに乱れがあると、お口や全身にさまざまな悪影響が及ぶことがあります。

むし歯や歯周病を招く

乱れた歯並びは、清掃性が低下します。食べかすやプラークが堆積して、むし歯や歯周病のリスクを上昇させます。

発音障害を招く

歯並びの乱れによって空気が漏れたり、舌の位置が異常になったりすることで、正しく発音できなくなることがあります。

顎の関節に負担をかける

歯並びやかみ合わせが乱れていると、顎関節に過剰な負担がかかることがあります。その結果、顎関節症などの病気を引き起こすことがあります。

口元のコンプレックスになる

口元の審美性が低下することでコンプレックスとなり、自然に笑うことができなくなることがあります。

消化器に負担をかける

歯並びの乱れは、かみ合わせの異常を引き起こし、咀嚼能率を低下させることがあります。その結果、食べ物をきちんと咀嚼できないまま飲み込んでしまうため、胃や腸にかける負担が大きくなります。

全身の不調を招く

口腔周囲の筋肉へと過剰な負担がかかり、頭痛や肩こりといった全身の不調を招くことがあります。これは隣接する筋肉が連動して機能しているためです。

不正咬合の種類

乱れた歯並びを意味する「不正咬合(ふせいこうごう)」には、以下に挙げるような種類があります。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状 問題点
上の前歯が前方に飛び出している歯並びで、専門的には上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。 前歯で上手く噛めない、口を閉じにくい、正しく発音できないなどの問題が生じます。
下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状 問題点
下の前歯あるいは下顎全体が前方に飛び出している歯並びで、専門的には「下顎前突(かがくぜんとつ)」といいます。 前歯で上手く噛めない、正しく発音できないなどの問題が生じます。
叢生(乱ぐい歯)

叢生(乱ぐい歯)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状 問題点
叢生(そうせい)とは、乱ぐい歯と呼ばれる歯並びで、個々の歯が別々の方向に向いて生えています。八重歯も叢生の一種です。 清掃性が悪く、むし歯や歯周病になりやすいです。
正中離開(すきっ歯)

正中離開(すきっ歯)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状 問題点
前歯の中心に隙間がある歯並びを正中離開(せいちゅうりかい)」といいます。一般的には、すきっ歯と呼ばれる歯並びです。 歯と歯の隙間に食べ物が詰まりやすい、見た目が悪い、正しく発音できないなどの問題が生じることがあります。
開咬

開咬

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状 問題点
「開咬(かいこう)」とは、奥歯を噛み合わせても前歯の部分が開いている不正咬合です。 前歯で上手く噛めない、正しく発音できないなどの問題が生じます。
過蓋咬合

過蓋咬合

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症状 問題点
「過蓋咬合(かがいこうごう)」とは、噛み合わせが深い状態を指します。 歯茎を傷つけたり、 顎関節に大きな負担をかけたりすることがあります。

小児矯正と成人矯正の違い

小児矯正と成人矯正の違い

矯正治療は、大きく2つに分けることができます。それは小児矯正と成人矯正です。ここではそれぞれの矯正治療が持つメリットについてご紹介します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

小児矯正のメリット 成人矯正のメリット
  • 顎の骨の成長を誘導することができる
  • 骨格的な異常を大きく改善することができる
  • 矯正治療にかかる期間を短縮することができる
  • 顎の成長が完了していることから治療計画が立てやすい
  • 積極的に治療に取り組める

このように、小児矯正によって得られるメリットは非常に大きいため、可能であれば成長期に治療を受けることをおすすめします。ただ、成人矯正だからこそ得られるメリットもありますので、大人になってからではもう手遅れ、ということは決してありません。年齢に関わらず、歯並びの異常にお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。